インターネットで注文する方法が最近増加

バイアグラを日本で買うためにはどんな方法があるでしょうか?購入方法についてご説明したいと思います。まずは、EDを治療するクリニックを訪問して診断を受け正式に処方を受けることで、医療機関や薬局で購入する方法があります。
ほとんどのED患者はこの方法でバイアグラなどのED治療薬を入手しますが、インターネットの発達により海外の薬を個人輸入する通販会社を介して注文する方法が最近増加しています。
通販会社のサイトでは、効果が長時間持続するシアリスや飲むとすぐに効果が現れるPDE阻害薬であるレビトラ、うつ病を治療するSSRI系の薬、AGA治療薬であるプロペシアなど、様々な医薬品を扱っています。
販売リストの中には、日本では入手困難な女性の不感症を改善する女性用バイアグラもあります。
個人輸入では、特に日本では製造されていないバイアグラ100 mgもあり、50mgで効果を感じられなかった男性の方には朗報となっています。100 mgの錠剤は半分にカットすると50mgの2つができるので、ED患者が自身の状態を自分でチェックしながら100 mgまたは50 mgを選択して服用することができるというメリットがあります。
とはいえ、100 mgは平均的に体格が西洋人よりも小さい日本人には容量が多く、副作用も大きく出る可能性もあるため、医師の指示に基づいて服用を決定することも悪い方法ではないでしょう。
ほとんどの海外製医薬品専門の通販サイトは正規品の医薬品を販売していますが、その中には偽物のED薬や低品質の製品を扱っているショップもあるので注意が必要です。個人輸入は文字通り、個人が責任を持って購入する形なので、信頼できるサイトを選択するコツが必要です。
よく飲む機会がある風邪薬やサプリメントもきちんとしたショップで買う習慣を持つと、血流を拡張するタダラフィルが配合されたED薬を個人輸入に代行での買うこと、勃起持続時間の長さがシルデナフィルの約3倍の効果を示すレビトラなどのED薬も、問題なく正規品を購入することができていることを忘れないで下さい。